Member


<Organizer>

44k

 学生時代に友人に連れられて、アニクラと出会ったのがDJをはじめたきっかけ。DJとして活動をしているうちに「フロアが好む選曲をするか、自らが好む選曲をするか」思い悩み、「だったら自分の選曲がわかる人を集めればいい」っという考えに至る。社会人になり、自らが好むアニソンでプレイするため、「N.A.O」を立ち上げた。


<Regular DJ>

RenRen

  二次元アイドルクラブイベント「どるるる」主宰。ジャンルの許容範囲は、アニソン、ゲーソン、東方、J-POPなど幅が広く、県外イベントへの出演も数多い。自ら主宰するイベントで、"あんきら狂騒曲"を4度もかけようとしたことは、もはや伝説。

「パンストはいいぞ...」


TYPE→

  トランス系出身のDJで、以前はトランスイベントを主宰していた経験を持つ。現在は、DJとしてのジャンルの幅を広げ、アニソンRemixやアニソン原曲を使ったマルチなプレイスタイルをとっている。出演DJの中でも、フロアの空気を読むことに長け、オーディエンスが求める楽曲を巧みに選曲する。


チェスト

 出演DJの中では、「踊れるDJ」として一番のパフォーマンス性を持つ。選曲は主にアニソン原曲系。自ら選曲して、自身が一番盛り上がる事に定評がある。半年間の、東京遠征により、ひと回りもふた回りも成長した? これからは福岡を中心に活躍する予定。


Kenny

   44kとチェストとは同年代だが、二人を凌駕するアニメと音楽の知識を持つ。そのため、イベントの中では良曲(エモい曲)担当。DJとしての経験はまだ浅いが、アニソンDJとしての伸び代は一番と、他のレギュラーDJから期待されている。


ビリー

  90年代後半から00年代中半は、ゆかりん・奈々様を始め幅広く声ヲタ活動に勤しむ。00年代後半にスフィアがデビューして以来はスフィア一本に。そんなごく普通の声ヲタも、2013年にアイカツにドハマりしてからは、アイドルアニメも大好きに。今はスフィアとアイカツに日々感謝しながら生きている。


KAZU

DJを始める前は、そこそこ名が知れていたかもしれない、しがないバンドマン。担当楽器はベース。きっとDJプレイでは、その音楽経験が活かされるに違いない(確信)。DJを始めた切っ掛けは、バンドが解散する際にメンバーから「お前...DJに向いてると思うんだよね...」っと言われたからだとか。


<Staff>

キヨリ

 "カミカゼでうがいする"というパワーワードを生み出すくらい、お酒がお好き。イベントでは回りを巻き込んで、仲良くカミカゼ。そんな彼女の手料理は、とても美味しいっと他のイベントスタッフに評判。


akko

 長崎で活動している、ガールズバンドのドラム担当。社会人バンドでもあるため、ライブ出演は不定期とのこと。以前はピアノを習っていたらしく、ドラム歴よりピアノ歴のほうが長いとか。


 飛翔

 長い間、県外で生活していたため、地元に戻れば浦島太郎状態。昔の勘を取り戻そうと、地元でオタ活に勤しむ。